最低のジャケット

最高の意味で、最低。
トラックが手遊びで作る曲に似ていて、自分の中でループするべき曲だなって大きくなって聴いている。
SUBMARINE即予約した。

島唄

島唄